ストレスと便秘は大きな関係がある

食事のバランスも考えているし運動も睡眠もとっているのに便秘に苦しんでいる・便秘解消につながらないという方もいらっしゃるでしょう。
そのほかの要因もいくつかありますが、もしかしたら「ストレス」が要因となっているかもしれません。

ストレスと便秘について

便秘とストレスは一見すると無関係のように感じられますが大きな関係があるのです。
腸管の機能を低下させてしまう要因の1つに「副交感神経の興奮」というものがあります。
簡単に言うと、リラックス状態が無くなってしまうために排便がスムーズに行えなくなってしまうというわけです。
「けいれん性便秘」と呼ばれるものに関しては先のような状態を指します。

ストレスを解消するという事

便秘解消のためには、ストレスも解消する必要があるということになります。
休養をしっかりととるように心がけたり、入浴などのリラックスタイムを設けることも大切です。
特に、入浴は体温も上がりやすく腹部の便秘マッサージ効果も高いので、解消手段としても良い方法なのです。
それらをサポートする便秘サプリを活用するのもまたおすすめです。

さらには、睡眠も確保するという事も大切です。
睡眠時は副交感神経が活発になりやすいのでリラックスへと導き、スムーズな排便につながりやすいのです。

環境の変化などからも便秘になる

こうしたストレスですが、引越しや結婚・転勤などの環境の変化によっても引き起こされますので自覚がないままにストレスを背負っているという事もあるかもしれません。
自らの環境を改めて見直し、便秘解消につとめてみてはいかがでしょうか。

検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
ページ上に戻る